24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

ドイツにおける事業承継税制の概要

⇓クリックすると拡大できます。
p1p2

党本部外交経済連携本部で、日韓スワップ協定について、決議案を議論。青山議員始め、反対決議とすべき等厳しい意見多く、韓国政治情勢見極めつつ継続検討に

20161109105731-0001


日韓スワップ協定についての決議(案)の参考資料

日本養殖新聞、第59回全国内水面漁業振興大会に登壇た写真掲載です!水戸市で開催。

日本養殖新聞に、第59回全国内水面漁業振興大会に登壇した模様が掲載されました!

(下記をクリック!!)
養殖新聞

一億総活躍推進本部新体制が、自由民主の一面トップに!事務局長片山さつきのコメントも!

逢沢一郎本部長から、川崎二郎本部長に交代し、新規スタートした自民党一億総活躍推進本部!記者やテレビの集まりも良かったのですが、全国百万党員に伝わる自由民主の一面トップに!片山さつきの事務局長としてのコメントもバッチリ!
1477639577135

少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口一億人を維持し、家庭・職場・地域で誰もが活躍できる社会を目指すため、私も実行部隊の責任者である事務局長として全力で取り組んで参ります。

自民党政調会長代理(災害・復興担当)として、宮城県の復興状況を復興庁・復興局の職員とともに視察!

自民党政調会長代理(災害・復興担当)として、宮城県の復興状況を復興庁・復興局の職員とともに視察に伺いました。ごねんはんまえの震災以降、被災地入りのかいすうは、70を超えた所でカウントを止めました。

最初は、女川駅前プロムナード。こちらでは、須田町長、木村議長とご一緒に歩き、27年にまちびらきが行われた女川駅中心部において、温浴施設「ゆぽっぽ」、JR駅舎やプロムナード等、まちの賑わいが戻りつつある様子を見ながら、これからの女川について意見交換させていただきました。
2女川集合

テナント型商業施設シーパルピア女川では、東北大開発の新金属と地元の木で制作しているエレキギターの製作現場に立ち寄りました。
女川エレキ

また、仮設の時にも伺った相喜フルーツ女性店主さんにもお会いでき、元気にご商売を営む様子も拝見できました。
女川フルーツ

女川視察の終了間際、須田町長、木村議長から日々変化するニーズ等、率直な意見交換をしました。
3女川集合

女川の後は、南三陸町の八幡川左岸地区の土地区画整理事業を視察しました。
南三陸集合写真

南三陸町の志津川地区では、いつか再来する大津波から人命を守ることを最優先に「住宅の高台移転」に取り組んでおられます。高台では、住宅や公共施設が建ち始めており、住宅宅地は今年度迄に完成予定となっております。この地域では、災害公営住宅と合わせ4割強のみが移転済だそうです。
今回は、隈研吾設計の木を活かした6棟で来年3月3日にオープン予定の観光交流拠点を16mの盛り土の上から説明を受けました。
南三陸

建設中の高台からは、東日本大震災により被害を受けた「旧防災対策庁」が見えました。こちらは昨年末から平成43年3月まで県有化され、今後の在り方について町民の皆様による議論を深めていくという報告を受けました。

次に東京五輪のボート・カヌー会場の代替地として挙がっているアイエス総合ボートランド(長沼ボート場)の視察に伺いました。
登米市集合

コースや設備の説明を受け、復興住宅(図面の様に選手村に転用するのが県の案)も視察しました。オリンピック組織委員会では、同会場での開催には、9つの問題点を指摘しています。また、被災地の中では石巻が聖火リレー出発点に手を挙げ、野球ソフト、サッカー、ラグビー含め復興五輪をどう実現するかが課題となっています。
南三陸集合写真

最後に、東日本大震災で被災した南三陸町民が暮らす登米市南方町の南方仮設住宅に伺いました。
登米市 仮設

南方仮設住宅は351戸ある町最大の仮設住宅団地です。2011年6月から入居が始まり、ピークの同年11月には310世帯689人が暮らしました。今年9月末現在で146世帯282人が入居していますが、防災集団移転に伴う自宅再建中の10世帯を除き、来年3月までに退去する予定です。
登米市仮設資料
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ