24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

官房副長官はどう考えても不適切

 官邸は、わが国の国益を背負う場所であり、事務の官房副長官は、霞ヶ関と官邸をつなぎ、よろず雑務を取り仕切り、大変な重責であります。内務省系の官庁の事務次官経験者のなかで、できる人がなっていますが、今日の国会答弁を見ている限り、答弁そのもののやり方が、不安定であり、この件がなくても、もっと他にいなかったのか、いやいるはすだ、と感じました。

 小沢代表の事件について、今日は某番組の録画でも、与野党の議員の間で議論になりましたが、政治とカネの問題を改善し、政治改革をなしとげる一環として、企業献金を党に対するものに限ることにした張本人の1人が、うらで、脱法行為を、それもかなりおおがかりなシステムとして作っていたとしたら、、。
 日本は、本当になんの組織性、団体性もない、草の根の個人献金がまだまだ少ないし、うちの地元でも、組合や郵便局の方は、「なんで事実上組織のしばりで、特定候補の支援のためのお金を毎月ださなければならないのか、ビラ配りやポスター張りをやらされるのか、疑問に思う。」とおっしゃる方が結構いらっしゃいます。

 いっそ、献金は、党や党の支部に集中管理させて、党の政策シンクタンクも強化し、議員活動については、アメリカの上院並に政策スタッフや事務所を国の費用で支給、それも流用されない形の現物支給にしたらどうかと思います。

 若手政治家の発掘も、日本が手本とすることの多いイギリスでは、2大政党が、行っています。政策立案能力、公開討論、演説の力。イギリスにだって、情や地縁血縁はありますし、身分社会ですから、それは日本より強いかもしれない。
 けれど、血で勝ち取ってさんざんな試行錯誤で育ててきた議会制民主主義ですから、質の高い政治家を産めるかどうかが国力、国益を左右する、という共通認識があるのでしょう。貴族制度は維持しながらも、同じ選挙区がら世襲で立候補させないというのも其の典型。

 こういう大変革の時代に、一番避けるべきなのは、思い込みや自分勝手による頑固政治。実践の積み重ねによる「断固」こそが、この危機に際して、大胆な経済政策、志のある政策を実行できるのです。

 昨日のセミナーでも、この部分で大きな拍手がありました。

危機と戦う!景気セミナー2009開催

ホテルコンコルド浜松で開催の「危機と戦う!景気セミナー2009」
スペシャルゲストとして二階経産大臣をお迎えする予定でしたが、急遽大阪から松浪健四郎衆議院議員が代理でわたしの応援に駆けつけてくださいました。



そして第2部は前富士常葉大学の学長水野隆徳先生と野村證券調査部門最高責任者の海津政信先生をお迎えしての三者討論。100年に一度と言われるこの景気を打破するためにはいかにすべきか、徹底して議論いたしました。



詳細については、またあとで書かせていただきますがみなさんにプロジェクターでお示しした対策をご紹介させていただきます。



3月末 乗り切り対策

 ・日銀の0金利復活

 ・CP、社債20兆円借り換え危機に対応し、買取り規模を20兆円へ
    

・3月期決算赤字企業への政投銀を通じた優先出資1000~2000億円→数兆円へ
 

・Buy Japan Buy 浜松プロジェクト 



次の一手

・無利子国債(相続税減免)10兆円で、本格的な需要創造       
 +自動車・二輪・白物家電・地デジ対応TV・DVD・
 オーディオ・太陽光システム 買換え促進+企業・個人減税

・公共インフラ事業前倒し
 (三遠南信・豊橋三ヶ日道路、第二東名) 

・未来への投資(研究開発、人材育成)特別償却・公的援助

・ナショナル・プロジェクト

富士ハウス・日系ブラジルの方の帰国費用

 ブログへのコメントで、建設途中の方も、sp社に依頼しない方がかなり多いと察せられますが、費用的に無理なお話でしょう。
2度めの振り込め詐欺をおこさないように、金融庁も金融機関に今回の事件で何がおきていたのか、実態把握を求めていますから。

 そこで、昨日ようやく、予算委員会分科会の議事録が上がってきまして、国土交通省の和泉住宅局長が、「200年住宅について、最終的に完成したことを確認しないと、国としては補助金を出せないので、まだ国費は交付されていない・なるべくこの採択を受けた事業が破産管財人の下で完成にいたるように、私ども(国土交通省)も管財人の方にお願いし手間要りたいと思っております。」と答弁しております。

 和泉局長は、「被害者の方々同志ののご連絡や情報ネットワークはおつくりします。」、と言っていていますが、それ以外にもいろいろ働いていただかなければ。

 管財人さんは、悪質なケースへの弁済率を50%まで上げたようですが、まだまだ甘い!

 ことの性質上あまり書くわけにもいきませんが、みなさんからのご連絡はすべて拝見したおります。

 ところで、昨日ご推薦をいただいたある企業に、めずらしく日系ブラジルのからが数人派遣でまだ残っていらっしゃいました。日本語が分かる方だったので、「まわりや知人に、ブラジルに帰りたいけれど帰れない人、どのくらいいる?」と聞いたら「結構いる」とのこと。
 先日の自民党の雇用対策の小委員会で、外国人労働者問題を取り上げた時に、私から指摘を行い、他の先生方も、似たような感想を述べられたので、現在検討中の追加経済対策の中でも、「帰国費用補助」が取り上げられる方向です。

 

男は愛するものを守るために死ねるか。

 いつもとあまりに違うテーマですが、オペラで、主人公の男性が、愛する人を守るために、戦うストーリーを思い出そうと、今日昼ごろ新幹線の中で突然考え始めてはた、と。

 ない、ない、だって、ワーグナーって純潔な乙女が崩れゆく男性を救うような筋が多いし、アンドレアシェニエは、処刑される詩人を追って、女も一緒に死んじゃうし、、。しいて言えばトウーランドットかな、、。男が、命がけで女の魂を解放して救う、と言う意味では。

 実は、ここでは、守る対象は、女とは限らない、人が限界的な状況の中で何を守るか、というと一般的には、子供ですが、当地浜松には悲劇の実話が残っておりまして、16年間ここで過ごした徳川家康は、長男信康を殺させています。いかに戦国時代とはいえ、究極の選択をしたのでしょう。しかし、それは自分が生き残るためだけだったのでしょうか。

 彼なりの大義、つまり後世に残したいものがなければ、とてもできなかったことでしょう。それを実現できるのが、自分の長男なら、家康は自分が身代わりに死んで、長男に全てを託したかもしれません、が。その器ではない、と判断してのことかもしれません。家康は、その後単に天下を獲っただけではなく、最も安定し長期に続く幕藩体制を作りました。

 では、今の時代、政治家は何を守り、何を後世に残そうとするのか。

 私は、今からそれを見せてもらおうと思っています。同時並行で、自分も、自分だったらえどうするかも考えながらね。

浜松社会保険病院+我が国航空防衛+就職安定資金融資

 昨日は、浜松社会保険病院存続を訴えていらっしゃるみなさんが、議員会館に、何度目かの陳情にお見えになりました。
このお話は、社会保険庁解体のなかで、他の病院と一括して面倒をみてもらうこともできず、そもそも浜松医大のほうから医者も引き上げられてしまって、休診状態に立ち至っています。

 厳密には、私の選挙区ではないので、あまりでしゃばって動かないようにしておりましたが、なんどもお見えになるみなさんの、地域医療にかける責任感や熱意と、病院に対する愛着に感じ入りました。県内でも人口あたりの医者の数が多いといわれる浜松駅周辺の中で、唯一南部には救急病院がなく、たとえ2次救急でも、高齢化がすすむ地域のみなさんの不安感を思えば、1日も早く、対応すべきと、年初来、関係筋にお願いしております。

 前回同様、今回もみんなで記念写真を、とおっしゃるので、ぱちり!「今度はブログにのせましょうか?」とお聞きしたら。「どうぞどうぞ」とのことですので、来週のせます。




 国防部会の、防衛大綱見直しにかかる小委員会、いよいよ3月に入り、佳境に入ってきました。先日浜松基地を訪問し、みなさんの前で、講演させていただき、基地の全部隊を訪問して、ご意見も賜りましたので、這ってでも意見を言わなければ、、と地元の公式行事直後の新幹線で、滑り込みました。

 「17中期防で「新戦闘機の整備」を大臣折衝のうえ、政府として決断して入れましたが、未着手です。戦闘機においては、最先端のもの、もっとも高性能のものを保有することが、戦略的に重要。今日はF22バッジをつけてきました。」といったら馬鹿受け!そして、新型輸送機C-X。岐阜の各務原に見に行きましたが、日本の国益のため、航空産業というものを生かし育てていくためには、国産機を一定のレベルで作り続けないといけない。そのために、P-Xのほうは、当時の防衛庁長官が必ずしも賛成でなかった(ここでまた馬鹿受け、、当時のこと知っている方がみんな要所に座っているので)にもかかわらず、政府として総合的な判断で、両方とも国産を決めたわけです。一日も早く部隊配置できるようにしていただきたい。
 そして、パイロット問題、イラクから帰った優秀なパイロットの方が去年辞めて、問題になりましたが、そもそも今の若者は、進んで過酷な任務を選ぼうとしない傾向。よって、頭を切り替えて、途中脱落者が出る事も計算に入れて要員の枠を増やし、かつ目的意識・名誉・それに見合った待遇を与えることが重要。海外の実任務が最も多い航空自衛隊の部隊では、米軍並みの家族も含めたメンタルケアを空自の中でシステム化することが必要。」等々、大演説をぶってしまいましたところ、玉沢徳一郎先生から大拍手をいただきました。




 今日は、東京でとても重要な会議をとても重要なメンバーで開きましたが、いまは公表いたしません。

 夕方は、静岡の宅建協会との勉強会で、就職安定資金融資について、町の不動産屋さんから見た現場の声が。たしかにそういうことはあり得ると思います。ただし、悪徳口入屋的な輩の介在が、全体のどのくらいになるのかは、調べてみないとなんともいえないけれど、これまた貧すれば鈍す現象で、ありうること。

 一般の民間アパートも空きが多くて困っており、できれば政府の対策に貢献し、家賃も得たいところでしょうが、6か月という定期が過ぎた後、円滑に退去していただけるかどうかは、普通の個人家主さんや、小規模の不動屋さんには、大きなリスクでしょう。
 危機と戦うセーフティーネット議連で、派遣切りにあった方のヒアリングをした時も、何件も断られてようやく、受け入れてくれる家主さんが見つかったと言う話でした。

 ここは、先日東京都の局長さんも要望していたし、静岡宅建も希望しているように、地方自治体に多少安くても借り上げてもらって、また貸しする、その一部を国が補助する、というスキームの方が、提供されるアパートの幅が広がるのではないでしょうか。すでに、借り上げ費用を補助できるようにすることは、対策の検討の俎上に上がっていますし、我々も提言するつもりです。

 町の声を、政治の力で実行!それが責任ある政治です!
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ