24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

「静岡県第七選挙区自民の会」発足しました

 3月14日、準備会合を経て、私が支部長を務める静岡第7選挙区の、8つの支部と、浜松支部のうち7区に属する9つの分会の分会の代表者役40名が、「静岡第7選挙区自民の会」を立ち上げました。

 私の選挙区がいまだに注目区である理由は、主として、郵政民営化がいまも争点であることと、自民党のねじれがあること、ですが、本日をもって、後者は一段落した、というのが一般的な見方です。
 40年の長きにわたり、この地域の自民党を支えてこられた長老の代表でいらっしゃる、河野利次神久呂分会長の、自民党を愛するがゆえのイニシアチブで、「自民党第7選挙区支部長で現職の片山さつきを、次の選挙で絶対当選させる」ことを、当面の目標として、この会が正式に発足し、役員が決定いたしました。

 その意義の大きさから、テレビ2社が取材に入りました。
私も、30分の国政報告をさせていただき「みなさんの思いをしっかり受け止めて、この自民党が最も逆風の時だからこそ、清新で、国民の期待に沿える自民党にしていくのは、いまや議員の6割をしめている3回生以下の若手・中堅の責務」、と決意を述べました。
 会長に就任された、河野分会長が、ここにいたるまでの経緯を、カメラの前で切々と語られるのを横でうかがっていて、涙が浮かびました。鈴木幹事長、袴田副会長、相川副会長、河合副会長も、今日のいたるまでの様々な経緯を振り返ったお話をされ、みんなじーんと来ました。最後の頑張ろう三唱後は、インタビューも長引く重々しい会合となったのです。
 河野会長のお許しを得て、会長があるところに投稿された文章を、再掲載させていただきます。








アスベスト問題に進展!掛け替えのない、私達の環境を守れ!

 「斎藤環境大臣にアスベスト問題を陳情」のコラムで取り上げました、産業廃棄物処分場について、12日に、市から、地元に対して「この事業者の現在の処分場が、当初の約束を満たしていないので、それができるまでは、いま問題となっているアスベストを含む新しい処分場の認可は行いません。」との連絡があったそうです。

 3月7日に、私から環境大臣に問題提起させていただき、その場にいた市役所の人たちも意を強くされたとのことです。

 私も住んでおります、西区は、浜松の中でも浜名湖を擁し、人口も多いし自然も豊かなところです。そのバランスをとった開発を行うグランドデザインを描く、それが大事なのです。

 この問題は、地元の自治会を中心とした、本当の草の根運動で始まりました。

 市議会でも取り上げられていますので、是非みなさん、もう一度私の10日のコラム「公明党斎藤環境大臣に陳情」をご覧下さいませ。

『郵政民営化 筋を守るため戦った一か月。

昨日、郵政民営化の進捗状況についての総合的な見直しに関する郵政民営化委員会(田中直毅座長)の意見が発表になりました。総理も総務大臣も、これを受けて、当面は、4分社化体制や株式上場方針など、民営化の基本は変えないとのラインができました。東京中央郵便局の再開発も、私がこのブログで申し上げたように、「文化財的価値を守りながら高層化し、賃料収入を稼いで郵便局ネットワークの維持に使う」という、民営化のビジネスモデルを実現する方向が決まりました。
 2月12日の小泉総理の「笑っちゃう」発言以来、1か月、長かったなあ。「株式を上場公開することにより、経営の透明性を高め、民営化会社に対して株主の目線からの市場規律を貫徹させることこそが、郵政民営化を最終的に成功に導くものである。」
 報告書は、このように締めくくられています。
 政治家が過度な経営への介入を行うのは、民営化の趣旨に沿いません。公社時代、郵便局は、4年で200も閉鎖されましたが、民営化後は、たった1つです。郵便局会社と郵便事業が一緒になると、旧郵政職員の91%が一緒になります。全逓と全特の連携ですね。今のままの状態は、国営の規律も効かず、民間企業のガバナンスもない、ヌエのような状態で、早くビジネスストーリーを書いて、職員のみなさんからみて、「これなら儲けが出る、やっていける」という多角展開の方向性を示し、まっとうな民間企業にしていかなければ、危険です。

 金曜日に、仲間たちとしみじみ電話で語り合いました。
 これに先立つ自民党総務会では、1月以来議論してきた党の「郵政民営化推進に関する検証・検討PT」の提言も、報告され、無事終わりました。これも、改革派の細田幹事長・石原幹事長代理が今週頑張って下さり、我々の意見を組んで、「4分社化を踏まえた三事業一体的なサービスを確保するための施策」という文言で、4分社化体制の維持を前提にした決着になりました。

党の提言の中に、注目すべき一行が入っています。「職務専念義務等社員の服務規律の徹底と、実効性の確保」
これも、以前郵政民営化を堅持し推進する集い、で、数名の先生が証拠をあげながら主張していたことです。つまり、元郵政官僚や、郵政造反組と戦う自民党候補に対する、日本郵政職員の政治活動があまりに激しく、時間内にビラ配りやポスター貼り、会合に動員し、拒む人は村八分、的なことが行われている事に対し、行き過ぎを改めるよう、党として要請するということです。 

 我々が、既得権を何とか最終的に守ろうと、なりふり構わずあらゆる手をつかってくるOBも含めた巨大な官僚組織と戦っているのは間違いなさそうです。 


 その証拠が、今日も「笑っちゃう」話として、ありました。このブログの3月10日版で、私は、地元のライオンズクラブの会合で、今回の郵政民営化を逆行させようとする動きとその本質は何か、という点を取り上げたことを書いています。
  そこで、今週号の週刊ポストの記事のうちの1ぺージとそのぺージで触れられている図の一部、具体的には郵政官僚の天下りリストを、ブログにものせたのですが、手違いで、いつもは転載するときに編集部宛に送っている転載の了解を求めるレターを出していなかったと、あとでわかりました。

 うちの事務所あてに、ポストさんから、抗議文ではなくて取材が来ました。どういう内容かは、取材を受けた私の事務所サイドと、ポスト側しかわからないはずですよね。しかもその内容を事前にもらすのは、普通の雑誌では処分ものです。

 今日の午後、私が講演したライオンズと同じ地域の他の組織に入っている知人から、何件か電話がありました。「片山さんが書いたブログのポストの記事について、これこれこういう記事が出るんですって?○○○さんの支援者が言ってるよ。」

 こういうのを、頭隠して尻隠さずっていうんですよね、またミニ集会のお笑いのネタが増えました。

 これで、発売日の月曜のブログのアクセスが増えるでしょうから、怒るを通り越して笑っちゃうお話を、展開してみようかしら。



片山さつき 公開資料置き場(PDF形式)

http://www.highnote.co.jp/skatayama.htm

静岡新聞にも掲載!セーフティネット政策議連 提言+富士ハウス

 本日、富士ハウス問題も含めて官邸で党幹部に提言の申し入れを致しました。
雇用や住宅問題一般の中で、富士ハウス破たんに起因する問題は、やや異質だったのですが、この機会に、政策決定のキーパーソン全てに、お話して、いかに理不尽なことが起きてしまったか、わかって頂くことを最優先に、しかも、急ぐために、一緒に提言いたしました。
 弁護団からも、正式に要望事項が、私達の議連に送られてきましたので、関係省庁に再度伝えました。

 もやいの、湯浅代表にも御協力いただいたので、提言を送ったところ、すぐ電話があり、「浜松の派遣村は29日30日の予定です」とのこと。

 湖西市長からは、「今の地方財政制度では、このような急激な歳入の落ち込みに対応できるほど、減収補填債は、出せないので、景気対策ができません!」のエスオーエス電話が入りました!”朝一番の、浜北植木祭りでご一緒した浜松市長も、歳入減に悩まされ、要はこれも、自治体の歳入セイフティーネットの欠如として、議連で取り上げていくことになりました。

 舞阪町民さん、ご質問いただきましたが、日本の現行制度では、急激な景気悪化時に、地方自治体が独力でできることは、きわめて限られています。地方分権は逐次進めてきていますが、東京以外は、そもそも自主財源が抜本的に足りません。そして、比較的裕福だった、浜松周辺のような工業地帯ですら、今後数年、財政が極端に悪化するのが見えています。

 どうせ借りるのなら、国が一括して国の信用力で無利子国債でも出して調達する方が、コストも安いのです。








 三遠南信道の、早期完工を国土交通大臣に陳情

 恒例の、浜松・豊橋・飯田3商工会議そろい踏みの陳情、旗をもってみんなで大臣室へ。
 参議院選挙の前は、前面にたっていらした長野の吉田参議院議員、「選挙の近い人前に出て」
 ということで、3ショット、全員ショット。「この景気では、前倒し着工のアナウンスをするだけでも、景気効果がある。b/c分析も、最近の、三重から滋賀への道路は、事前の予測を上回る交通量となっており、もっと頭を柔軟にすべき。」
 21年度予算第一次補正にむけて、大胆な議論が飛び交って、元気がでました。
私からは、「民主は、この道を含め、過疎地をとおる高規格道路56箇所が、必要ない、と国会予算委員会に、一覧表まで出している。地元の政官財が、一致して押している道路については、前倒しリストに入れて、パッケージで打ち上げてはどうか。」と申し上げました。地元に景気効果がなければ意味がありません。

 金子大臣も、同様のご意見で、おおいに盛り上がりました。








記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ