24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

富士ハウス 国交省の対応 他

富士ハウス関係の文書を掲載します。








公明党の斉藤環境大臣に浜松市の環境問題を陳情



土曜日の夕刻、私が自民党の広報局長時代に、公明党で政調会長をなさっていて、自公広報連絡会議などで大変お世話になった、斎藤環境大臣が、浜松を訪問されましたので、浜松市の面々とご一緒に、当地の環境問題について、いろいろ意見交換をさせていただきました。
 佐鳴湖や遠州灘海岸侵食問題などにとどまらず、いま西区では最も関心のある「管理型最終処分場へのアスベスト埋め立て計画」について、私の昔の上司でした、田村元環境事務次官、現在財務省から出向している鈴木審議官にかねてからとご相談してきた経緯を、あらためて私から大臣に直接ご説明いたしました。
 この問題は、和地、湖東地域の自治会の代表の方々全員が、何度か私の事務所にお見えになり、私自身、昨秋、地元の市議さんや地元の方々と現地を視察して、写真も撮影し、その後環境省からも視察にきていただいた、という長い経緯のあるものです。このあたりは、合併前の浜松市の町はずれで、産廃が多いのですが、その後宅地化が進み、社会福祉施設もできて、「いまさらなんで、アスベストをこんなに人里近くに埋めるの?」と、誰しも素朴に思うような状況になっているのですが、、。

 議会でも市議さんが質問され、市長も「薬品固化+二十袋による梱包」を提案するまでの配慮は示してくれていますが、その後、事業者と昔結んだ契約が出てきて、埋め立て計画自体は止まっています。






 環境省のアスベスト最終埋め立て処分方法について、「大気中に飛散しないためには、耐水性の材料で二重に梱包するか、または固形化する」と、その2つのどちらでもいいことにされているのが、問題の発端で、環境について先進的で、かつ財政に余裕がある地域では、安全確実な固形化を行っているので、浜松でもそれを義務付ける条例はできないか、という意見はあるのですが、浜松市は、「国より厳しいルールはできない、むしろ国がルールを厳格化させてくれないか」、という意見なので、平行線をたどっています。

 斎藤大臣は、環境についてとても柔軟で先進的なお考えの方で、誠実に「片山先生のお話はしっかり持ち帰って検討させていただきます。」と、にっこりおっしゃっていただきました。






 さっそく地元の市議会議員の先生にお伝えしました。

 
これに限らず、土曜日に私が竣工式にお招きいただいている、さる地域有力企業の、廃油リサイクルプロジェクトなど、浜松の将来の成長に向けたシナリオとして、廃棄物処理の新技術開発は、もともと得意な分野ですし、大きな可能性があると思います。

アスベストの件につきましては、昨年の浜松市議会でも、地元の市議さんが、質問をし、市長が答弁されています。
詳しくお知りになりたい方は、リンクを貼っておきますので、ぜひそちらをご覧下さい。

http://www3.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=webusr&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac20%94%4e&B=-1&T=1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=%8d%a1%93%63%8b%d4%96%e7+&P3=&P=1&K=24&N=39&W1=%83%41%83%58%83%78%83%58%83%67&W2=%8e%59%8b%c6%94%70%8a%fc%95%a8&W3=&W4=&DU=1

【週刊ポスト記事】かんぽの宿退職金2882万円!

今週号の週刊ポストに郵政民営化に関する記事が掲載されていました。
ポイント部分をこちらにも載せますが、今日はライオンズクラブでの国政報告のなかで、景気対策・雇用対策について、一席ぶたせて頂いたあと、このお話にもふれました。ちょうど、今日、鳩山総務大臣が、東京中央郵便局のタワー化について、保存部分を増やすことで妥協し、予定どおり、建て替えを行う方向、と会見されたばかりです。

 かんぽの宿のファミリー企業だけでも49社もあり、かんぽの宿が売却されると、経営の柱を失う事になり、逆に売却されなければ、天下り2000人を抱えるファミリー企業は、温存されます。誰が得をするのか、、。
 今日も、雇用保険が切れた後の生活扶助のあり方や、社宅を出てから住む家がなくなった場合などの住宅セイフティーネットについて、なんとか財源をひねりだす対策の議論を、喧々諤々してから、新幹線に飛び乗って戻ってきたわけです。
 そんななかで、かんぽの宿をめぐる議論は、民間の経済の最前線で死線をさまよっていらっしゃる方々の危機感が、全然わかってない、既得権にしがみつく姿は、「怒るをとおりこして、哀しい」です、、。

 なお、このコラムについて、掲載前に、ポスト編集部に、了解を求めるレターを出していなかったことが13日に判明しましたので、了解を得られるまで、記事の転載を削除いたします。


緊急!今日TV朝日系19:00~富士ハウス問題

本日、『学べる!!ニュースショー!』に出演。
「景気対策についての説明」のコーナーでコメントしますが、住宅ローン減税の議論の部分で、
富士ハウスについても問題を指摘しています。
時間の制約で編集がどうなるか分かりませんが、最大限努力しました。
ぜひ、ご覧になってください。

官房副長官はどう考えても不適切

 官邸は、わが国の国益を背負う場所であり、事務の官房副長官は、霞ヶ関と官邸をつなぎ、よろず雑務を取り仕切り、大変な重責であります。内務省系の官庁の事務次官経験者のなかで、できる人がなっていますが、今日の国会答弁を見ている限り、答弁そのもののやり方が、不安定であり、この件がなくても、もっと他にいなかったのか、いやいるはすだ、と感じました。

 小沢代表の事件について、今日は某番組の録画でも、与野党の議員の間で議論になりましたが、政治とカネの問題を改善し、政治改革をなしとげる一環として、企業献金を党に対するものに限ることにした張本人の1人が、うらで、脱法行為を、それもかなりおおがかりなシステムとして作っていたとしたら、、。
 日本は、本当になんの組織性、団体性もない、草の根の個人献金がまだまだ少ないし、うちの地元でも、組合や郵便局の方は、「なんで事実上組織のしばりで、特定候補の支援のためのお金を毎月ださなければならないのか、ビラ配りやポスター張りをやらされるのか、疑問に思う。」とおっしゃる方が結構いらっしゃいます。

 いっそ、献金は、党や党の支部に集中管理させて、党の政策シンクタンクも強化し、議員活動については、アメリカの上院並に政策スタッフや事務所を国の費用で支給、それも流用されない形の現物支給にしたらどうかと思います。

 若手政治家の発掘も、日本が手本とすることの多いイギリスでは、2大政党が、行っています。政策立案能力、公開討論、演説の力。イギリスにだって、情や地縁血縁はありますし、身分社会ですから、それは日本より強いかもしれない。
 けれど、血で勝ち取ってさんざんな試行錯誤で育ててきた議会制民主主義ですから、質の高い政治家を産めるかどうかが国力、国益を左右する、という共通認識があるのでしょう。貴族制度は維持しながらも、同じ選挙区がら世襲で立候補させないというのも其の典型。

 こういう大変革の時代に、一番避けるべきなのは、思い込みや自分勝手による頑固政治。実践の積み重ねによる「断固」こそが、この危機に際して、大胆な経済政策、志のある政策を実行できるのです。

 昨日のセミナーでも、この部分で大きな拍手がありました。
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ