24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

小沢代表側近逮捕、毎日放送から富士ハウスでインタビュー

昨日、風邪ひきのお話をいたしましたところ、みなさんにご心配をいただき、本当にありがとうございました。
浜松のおかあさん、に美味しいおかゆを差し入れていただき、回復にむかっています。午前中だけお休みをいただき、でもいろんな人に電話しているうちに、すぐに時間はたちます。
午後から活動開始。某地域を地域選対本部長の、市会議員さんと、まわり、元気でました。

夕方は毎日放送から電話取材。実は関西に重大の被害者がおおいのですが、国会でとりあげられ、議連でとりあげたことで、責任追及にむけたてがかりが、できたので、社会悪追及に燃える番組スタッフが、頑張っているそうです。有名弁護士の木村先生も協力してくださるとのこと。
夜の大きな会合でも、浜松の経済界やマスコミの方々とお話しましたが、みな「富士ハウスのやり口はあまりにひどい。浜松の恥になるので、しっかり責任追及したほうがいい。」とのご意見でした。

夕方、民主の小沢代表の第一秘書が、西松建設事件で逮捕、との一報。またまた政治と金ですね。
わたしは、政治献金をすべて自分の党の選挙区支部できれいに管理していますが、今回の小沢さんのように、企業献金なのに、個人献金にみせて個人後援会にふりこませている人のうわさは、浜松でも聞きます。



そろそろ、総ざらいする時期ですね。政界再編ではなく、まずは、お掃除が必要でしょう。そして、本当に政策に精通し、命がけで国や地域の未来のために尽くす議員で、「政治主導」を実現する。

昨日の日経のアンケートで、郵政民営化「支持」52%,不支持はたったの18%。総合評価も、よくなった+変わらないが81%。悪くなったは12%。
4分社化についても、「維持すべき」が、32%、一部見直しの27%を上回っていますし、し、前回選挙で4分社化をしらなかったのはたったの13%。これを見直すなら選挙で国民に信を問うべき、がなんと59%。ということは、やっぱり4分社化もふくめた郵政民営化の大筋に、前回の選挙で国民は賛成した、ということではないでしょうか。

「改革後退への抵抗感は強い」とのタイトルです。
東京郵便局のビル化は、予定どおりおこなうとの修正が、今日行われましたが、当然でしょう。あれだけの空中権を、無駄にすることはない、これも国民の財産ですし、官庁関係の歴史建造物は、概観を保存しながら、中を改造して、高層ビルにしています、いくつも例がある。文化の保存と、有効利用は両立できるんです。そこで、賃料をかせげば、収益性は安定します。、はじめからそういうビジネスモデルで、国会でも随分やり取りがありましたよね。
みんな忘れてませんよ。

雄踏中学校+しわがれカラスの7演説

 朝から、まだ声がかすれつつも、湖西のアイラブウォークで、かわいい地元の小学校中学校の子供たちと、記念撮影のあと、ご挨拶、今日の一発目。

 その後、湖西窯のオープニングでご挨拶。湖西焼き、ずいぶんコレクションふえましたが、御土産にコーヒーカップをいただきました。

 急いでサーラに引き返すと、小楠県議の新春の集いでごあいさつ。

 浜北事務所で後援会のみなさんと、お昼+ごあいさつ。

 午後は、神ヵ谷のお祭りを地元の分会長さん、老人会長さんとまわり、またごあいさつ。

 天竜の湖畔の宿で、野尻市議の早春のつどい、またまたごあいさつ。

ここで、鈴木康友市長と、雄踏旧役場の跡地利用の件について、お話合い。やはり、「先に新聞にでてしまったことは、まわりのみなさんや、中学のPTAのみなさん、先生方からみれば、不安が先にたつから、もう少し固まってから書いてくれればいいのにね、」と市長も、、。その辺はよく理解していただきました。
「しっかり説明会を開きます。掘立小屋の除去も含め、きちんと対応させていただきます。」
ともおっしゃっていただきました。
 先日のお話でママさんや校長先生から出た論点は、箇条書きにして、市の担当につたえることになりました。

これでおわりじゃないんです、最後は本来カラオケをうたわなくてはならなかった、恒例の某支援者さんのお誕生会。

 さすがに今日だけは、ご挨拶のみで、歌は勘弁していただきましたが、みんなに「その声で、一日どうやって持たせたの?」と、呆れられるやら、心配されるやら、、。今日は7演説でした。先週より少ないわ。おかげでなんとか切りぬけられました。

明日こそ、治すぞー。

湖西で浜名湖政経研究会+商工政治連盟ご推薦

 朝から、咽喉が痛くなりました!まずい!
 今日は、夕方6時半から、湖西市・新居町合同の、「浜名湖政経研究会」を、発足していただき、今の経済情勢と、政府の対応、私が考える今後の方向について、熱く講演させて頂く日です。

 志都呂の我が家、定刻に秘書が呼び鈴を鳴らしても、答える私は、しわがれてほとんど声が聞こえない!

 でも、日程はぎっしり。
 折悪しく、結構寒い日になってしまい、他の地域でも、後援会のみなさんと手振りをしながら、街頭に立ちましたが、マイクは持たず、、。

  ここでも、ある工務店で、富士ハウスの話が、、。
「うちのお客さん、本当にかわいそう。」「すぐ連絡して!」
うーん、だんだん調子が出てきました、政治家は頼りにされると、風邪もふっ飛ぶんです。

湖西で御世話になっている大先輩のおうちで、奥様ともども、このあたりの政治の昔話を教えていだたき、ついつい時間がたってしまって、ぎりぎりでグランドホテルへ。

 事前の電話かけもしなかったのに、湖西・新居の名だたる企業の経営者100名と、市議会議員御四方にご参加たまわり、かすれ声でつい1時間15分もしゃべってしまいました。するどい質問も出て。
 最後に、湖西商工会の大塚会長から、「商工会政治連盟としてあなたを正式に推薦します。」と、ご推薦状をいただきました。
 身のひきしまる思いです。




 なんとしても、この地の製造業の集積、町の経済をみなさんの生活、守ります!そして未来に橋をかけます!

危機と戦う!セーフティーネット政策議員連盟


【2月28日 静岡新聞朝刊】

富士ハウス・製造業中小企業の実情等ヒアリング速報。

 雪のちらつく東京。1時半、自民党本部リバティー4号室に、富士ハウス被害者のお二組と、弁護団の青山弁護士、そして、湖西市の羽立工業中村社長にお越しいただきました。



埼玉県からお越しいただいたご夫妻は、富士ハウス倒産による心境と現在の状況、マイホーム購入と富士ハウス倒産までの流れについて、わかりやすく、ペーパーにして、配布のうえご説明いただきました。そのごく一部をご紹介します。

「破産手続きの準備には1週間はかかる。つまり経営陣は1月22日には破産がわかっていたはず。(自己破産ですから、わかっていたのではなく破産を計画していた、ということですか。)これは非常に悪質であり、どう考えても詐欺としか思えません。富士ハウスの支店長によると、1月30日の緊急会議で負債額600億円で破産したので解雇と言われたそうですが、それまでは負債額は30億円程度とPRされていたようで、支店長は破産することを知らなかったそうです。許せないのは会社の経営陣です。経営陣の責任を追及し、経営陣の個人資産などを被害者の救済に充てるような検討をしていただきたいです。」

東京の若い男性は、
「2800万円の総額のうち、1960万円を入金し、基礎工事も終わらないまま倒産。救済に手を挙げているスピードパートナーからは、「完成までにさらに2300万円必要。」との通知がつい最近来た。破産財団からの弁済は200万円にすぎないようなので、そのとおりやれば4060万円の費用がかかってしまい、とても無理。被害者は横の連絡のすべがなく、インターネットやミクシーで情報交換しているくらい。いまも孤独に立ちすくんでいる人がいるはず。」

青山弁護士
「富士ハウスは、全国に78支店、144か所の展示場をもつ全国メーカー。中小工務店の倒産でも、多めに代金を前受けして倒産という事例はあるが、これほどの規模のものはない。しかも、着工時に7割という通常の商慣習よりかなり多い前受け金をとっており、昨年12月からは未着工で7割から全額をとっていた。完成保証に入るよう進言した支店長をはねつけている。
1458名の未着工被害があり、そのうち1000万円超の重大被害は約50名、残りは300万円規模。着工後、上棟前の被害は60名。全体で重大被害は100名規模と認識している。」
弁護団のご要望として、3点。
①完成保証制度への加入を義務付けていただきたい。(費用がかかることなので、全体に義務付けないと、不公平になる)
②給与の立て替え払い債権をそのまま破産財団に入れると配当がへってしまうので、なんらかの形で放棄できないか。
③銀行の根抵当を財団に渡す組み入れ比率を1割ではなく2~3割にしていただけないか。

何人かの議員が質問・発言しましたが、私の方からは、
①スピードパートナーからの工事続行か否かの問いに3月6日までにこたえる上で、工事途上の方が、一番劣化の恐れがあり、時間に追われて悩んでいる。国土交通省は、建設業の認可官庁なので、弁護団と相談のうえ、その方々の現状把握と個別対応に努めてほしい。また、横の連絡のフォーラム作りを支援していただきたい。
②今まで私が伺っている限りでは、未着工またはごくわずか着工のかたは、通知された追加費用が高額すぎて、契約をあきらめざるをえない状況の方が多い模様。ここは何としても、民事・刑事責任の追及を行い、弁済原資を増やしていくべき。法務省も助言をいただきたい。

等申し上げました。
法務省民事局からは「刑事については持ち帰りますが、詐欺破産罪というのもあります。」と。
金融庁からは、私の1年後輩の正義感の非常に強い氷見野銀行1課長が出席し、「つなぎ融資等の現状を金融機関にヒアリングをかけている、できるかぎりの努力を致します」と、。

若いご夫妻の奥様が、「200年住宅の補助に130億円の予算が計上されているが、この一部を弁済につかえないのか」と質問されました。
国土交通省の住宅産業課長は「200年住宅の補助という目的の予算であり無理。」という答えで、これは法律的にはそれ以外回答しようがないのですが、ぎりぎりの状況で必死に、しかもなれない場に意を決して出てこられた若い女性には、冷たく感じられたのではないか、と心配でした。

参加した議員たちも、直後の本会議が予算の議決で決して遅れられない場だったのできっかり3時前でおわったけれど、もっと話をききたかった、あまりにも重い話だったと口ぐちに言っておりました。

中村社長のプレゼンテーションも、深刻なもので、皆の心にずしんと入りました。

 「中小零細の製造業は、もう10年来、正規社員の採用は難しく、安いからではなく、かえってコストは高いが人が集まらないので派遣に依存している。しかし、生産が4割下がっている現状では、利益は到底出せず、派遣社員から切らざるを得ない。
 それでも、回復した時に、この少子高齢化では、製造業派遣の制度自体がないと、生産する人がいなくなってしまうので残していたたきたい。悪質業者やピンはね等をとりしまることで対応していただきたい。

 日本有数の自動車下請け集積地域であるが、完全に薄利多売体質になっており、2次下請けの損益分岐点は、80~90%つまり、2割生産がおちれば赤字ということであり、今の状況が今年一杯続けば3割が倒産してしまう。」

東京都では、シェルターが各所にありますが、それでも日比谷の派遣村状態が起きました。
浜松・湖西・新居には、この準備がまだできていません。
危機との闘いには、休みはありません。
のどがいたくなってきましたが、明日も朝から力の限り頑張ります。
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ