24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

中西輝政教授との議論

 夕方、第一回の静岡政治塾で、京大の中西輝政先生のお話を久し振りに伺い、議論をさせていただきました。

 控室で、先生から「片山さんのお書きになったものは、授業でも使わせて頂いてます。」とおっしゃっていただき、大変光栄でした。
 先生のお話の3つのポイントは、資本主義のあり方の方向として、物から心へ、進歩から伝統へ、個人から共同体へ。
 ゲルマン語のpriiプリ→フリー(自由)という言葉の語源は、「人々の中にいて幸せを感じられる、人の輪に入っていく」という意味であり、個人が一人で勝手にやる、と言う意味ではない、というのはまことにそのとおり!自由経済の最大の裏付けは、規律ですから。(一部の利権のための規制ではありませんよ、曲解されないように!)
 

 その後、議員一人一人がコメントを致しました。
「市場原理主義という言葉は、正統な経済学者の使う言葉でなく、市場にまかせれば何でもうまくいく、と考える学者も、政府がやれば何でもうまくいく、という学者もおらず、問題は何にどの程度介入すべきか。
 今は、雇用問題が焦眉の急であり、セーフティーネット議連で派遣切りの実態をヒアリングして、解決策を党としても打ち出していこうと考えていますが、今の先生のお考えにも、個人から共同体へ、というキーワードがあります。日本型ワークシェアリングというのが、ひとつの解決方法ではないかと思うのですが、その辺についてのお考えは。」
 と質問しましたところ、
「労働問題について詳しくないですが、派遣について両にらみの議論ができるのは、自民党だけですから、是非おやりになった方がいいい」とのことでした。「政治は保守が主人公であり、厳しい時代は保守」とのエールもいただきました。

 医療問題について、フロアから産科医不足や、医療現場の厳しい状況について、ご質問が出まして、「自民党はお年寄りと「女性に好かれる政策をやってくれ」と言われましたので、斉藤先生と私でおこたえいたしました。

「私の選挙区の共立湖西病院も、産科の入院分娩ができなくなっており、国会議員が相当文句を言って、ようやく、静岡県も、周産期医療の委員会をつくりました。問題は、医師はかなり長期にわたって、不足していたのに対応が遅れた。最近のキーワードは、空気が読めない、のkYではなく、政府は現場が見えない、のGМ、それが、具体策がない、のGN、になっている。新卒医師の3割が女医であり、結婚、出産、子育て期にフル稼働できないのに、その実態を把握することなく、10年以上も放置してきたのがその大きな要因の1つです。そもそも厚生省の医療担当部署に女性はほとんどいません。出産一時金、子育て応援手当、妊娠検診費用の公的負担など、自民党に女性議員が増えて、予算の季節ごとにがんがん言って、ようやく増えてきたものです。女性議員をもう少し増やしてください。」と、申し上げました。

 写真撮影の後に、先生に、「資本主義の方向性の見直しはいいのですが、やもすれば、行政の肥大化や官僚の規制権限をとりもどそうという動きに利用されます。社会保険庁をみれば、政府にまかせただけでは何もうまくいかないのは明らか。先生は、権威ある論者として、正論をお願い致します。」と申し上げたところ、

 「よくわかっています。霞が関の実態はよく知っていますので、絶対に大きな政府や行政肥大化には利用されません。」とおっしゃっていただき、安心いたしました。

DMV実験で、挨拶&テープカット&試乗

 夕べの暴風雨が嘘のように、ちょっと風が強いけれど、よく晴れて暖かい三ケ日駅で、DMV(鉄道・道路両用車)の実証実験が、本州で初めて、7区で、三ケ日で行われ、県知事、市長、とともに、式典と試乗を行いました。



 すごい、と思ったのは、JR北海道が開発した車両が、日本的なきめ細かい技術で、たった15秒で道路用のタイヤが出てきて、スムーズに移行すること。道路から線路に戻るときも、たった7ミリの幅差で、除じょにぴたっとはめていくしシステムで、引き込み線が短い。実に効率的!こんな起用なことは日本人技術者しかできませんよ!



 車両価格も安く、現実的なので、私は大いに実験をプッシュしたわけですが、今日のってみて、(速度がゆっくりではありましたが)揺れもさほどないし、線路の継ぎ目の衝撃が、通常の車両より強いかな、というくらいで、帰りの道路では普通の小型バスとかわりませんでした。

 窓を開けていたら、行く先々で「さつきさんが乗ってる!」と写真をとっていただいたり、手を振っていただいたり、とてもいい朝でした。鉄道マニアも多くつめかけ、奥浜名湖観光大使としては、観光面からも、1つの目玉にしたい、とご挨拶いたしました。

 以前ヤフー時代に書きましたが、7区でも全国とこでも、高度成長時代の新興住宅地は、丘のうえが多くて、高齢化社会の到来で、歯抜け、過疎化していますが、このシステムは、駅からの距離がある坂の多い住宅地にお住いのシルバー世帯に朗報となりえます。エコでもあるし、同行した国土交通省の長年の友人(次長)に、早期の運転免許+安全基準問題のクリアをお願いしました。

浜名酪農業協同組合TMRセンター竣工

 午後から国会があったので、ご招待いただいていた竣工式に参加できず残念、秘書の代理出席になってしまいました。

 そのかわり、朝一番で現地入りし浜名酪農業協同組合代表理事の伊藤さんの案内のもと飼料生産の拠点TMRセンターを見学させていただきました。



 豆腐粕などのエコフィードを利用することでエコ活動に貢献し、トウモロコシを栽培することで耕作放棄地を解消し、良質な堆肥を利用することで耕畜連携を図ることができます。

 なおこの日のために、さつきファックスニュース酪農版を作成しましたので、ご希望の方は初生事務所420-6040までご連絡ください。

製造業派遣切りの実態は? 自民党初の直接ヒアリング






本日9:00~10:30に開催された、第2回セーフティネット議連に来てくださったのは、40代女性のAさんと小澤さんという男性。
Aさんは、2005年9月に日建総業からキャノン宇都宮工場に派遣され、業務量の低下とともに自宅待機が増え、
最後の仕事は去年の12/5。派遣先から「6割の休業補償は支払われる」と説明があり、12/22に解雇通知を受けたとのこと。
現在は有休休暇消化中ですが、寮を出ろと言われてから、「もやい」の湯浅代表に教えられるまで、ハローワークの
就職安定資金融資に辿り着かなかったそうです。雇用促進住宅は満パイで入れず。
 東京出身なので東京のアパートを探し始めたが、保証人がいないため、6軒断られて7軒目で日野のアパートを借りられたとのこと。

北海道出身の小沢さん。日建総業から日産ディーゼルの上尾に半年派遣され、その後1年契約で
群馬太田のボッシュに派遣。その五、契約期間が、9月から12月28日までの「3ヶ月」に変わった、
10月頃から仕事がなく、「工場内の掃除しかやることはありません」と言われ、終に、11月26日に契約期間を残して
「辞めてくれ。理由はは自己都合にしてくれ」と工場から言われて、サインしたそうです。
臨席した厚労省によると、雇用保険の毎月新規受給者12~15万人のうち、約7万人の離職理由が「自己都合」とされ、
この方たちは、離職後3ヶ月間は雇用保険が受けられません。
 「自己都合」を強要された場合は、雇用保険法83条で6月以下の禁固また30万円以下の罰金(企業からハローワークへの届出の虚偽記載)だそうですが・・・。

Aさんは、「失業保険を受けるにも住むところからちゃんとしていないとスムーズではない。受けられる融資などについて、
クビにする側も、ちゃんと調べて解雇される側に周知して欲しい」と。
こういう場合に受けられるはずの、都道府県や市の社会福祉協議会が出している、5万~10万円の緊急小口資金は、「もやい」の調べによると、東京で789件の申込みのうち10件しか受けられなかったとのこと。
派遣を転々としていると、居住地と住民票がズレており、社協もハローワークもすべてエリアの壁がはっきりしていて
受けられないことがあると。
 臨席した厚労省社会援護局は、「この制度は平成19年度に、年間1900件適用した。」と発言しましたが、申込総数は不明!
戦うべきものの1つは、タテ割り、地域割り。労働市場の硬直性とミスマッチ。
まだまだ課題は山のようにあります。
日々問題点をクリアにし、提言していきます!

セーフティネット議連 第2回会合速報!

「危機と戦う!セーフティネット議連(46名)」を設立!
党内初、派遣村と熱議論!製造業等にも公的資金注入が可能に!
(1.5兆円~2兆円枠!3月末派遣・請負40万人失業を最大限防御)






本日の会合では、かねての要望の方向で、「地域の雇用を支える製造業等への
公的資金注入制度」の創設を政府より報告。「産業再生法」を改正し、日本政策投資銀行等が
「破綻すると地域経済への影響が大きい企業」や「世界同時不況の影響で、技術力や
成長性が見込めるのに一時的に資本不足に陥っている企業」の優先株引受を行います。
(出資の5~8割を日本政策金融公庫が保証)
3月末までに全国で製造業派遣・請負労働者100万人のうち40万人が失業する見込みが
業界団体から示され、派遣村代表と実際に製造業の派遣を解除された男女2名の方から
ヒアリングを行いました。雇用保険に行き着けない方々へのつなぎ融資、地域や職種を越えた
職業訓練の必要性、有料の寮には借地借家法が適用されることの徹底、事前告知と新就職先探しの
義務履行等、きめ細かく問題を洗い出して、タテ割り行政と戦い、現場主義で提言していきます!

記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ