24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

中日新聞・日経コラム

中日新聞の社説です。













日本経済新聞のコラムです。












不毛な市場原理主義観念論は、景気対策議論の質を貶める!

  いつの頃からか、特に左系か右系に偏ったメディアで、多様されてきた、市場原理主義批判の、稚拙さについて、最近、日本経済新聞、中日(東京)新聞など購読数の多い媒体で、まともな社説やコラムがようやく出てきました。

 経済学の教科書に、この言葉はないですが、そもそも、論者(といっても、学者ではなく、評論家やコメンテーターやひどい場合はタレント)によると、その典型であるアメリカにおいてこういうナイーブな議論はありませんよね。

 世界最大のファンドを操るソロス氏が言い出した言葉を、そういうものを最も憎んでいるように見られる方々が後生大事に使っているのは、なんだかちょっとねえ。

 国際金融畑にも数年おりまして、G7D(財務大臣代理会合、いわゆる金融マフィアの会合)にも20数回同席した私ですが、彼等ほど、「市場は失敗するものであり、どこまでがセーフでどこまでがアウトか、のルールの問題だ」、ということが分かっている人達はいません。

 今求められているのは、高度にテクニカルな部分も含めた金融の国際的なルール作りであり、これは、貿易ルールにも及んでくるでしょう。戦後経済のルール作りの集大成とも言える、英知を結集しなければなりません。

 アニマルファーム、という旧ソ連を皮肉った小説がありますが、市場を否定すれば、国家による管理経済に行き着きます。これは民営化の否定であり、「市場原理主義と小泉竹中が諸悪の根源」、という人たちが、民営化が大嫌いで、大きな政府と公務員だらけの世界、結果的に最も貧富の差が拡大してしまう社会を志向しておられのは、自明の理です。

 こういう人たちは、社会保険庁も、昔のままがいいんでしょう。「パソコンは1日5000字以上は絶対やらない」、という労働協定を平気でむすんじゃった人たち、結果的に1億2000万国民に多大な迷惑をかけても、平気な人たちと、根は一緒です。

 明日、両コラムをブログに掲載します。

 ところで、今は夜の11時ですが、民主党の抵抗で、まだ20年度2次補正が成立しません。この中に含まれている、雇用対策の基金、地域活性化交付金、貸し渋り保障枠の拡大は、浜松、湖西、新居にとってきわめて重要なセーフティーネットであり、今日も副知事や市長と、金額も含め具体化にむけてお話をしたところです。

 特に、貸し渋り融資の拡大のために行う、政府関係機関の補正予算にまで反対するのは、野党としても、センス悪いですね。抵抗するにも構える場所があるでしょう。

中曽根語録

 今日は、朝から農協祭や浜松農林水産物祭り。お店を出している側が、ほとんどお知り合いなので、売り場の内側を通過しながらごあいさつ。

 三ケ日農協が出した試作品のぜりーを試食したり、みかんの糖度あてテストもやったし!これは結構いい成績でした。11.5度、と言ったら、11.4度でした。ぴったりではなかったけれど、ミカン農家のおじさんもびっくり!
 取り入れを手伝ったり、売り子を手伝ったりしてきたた甲斐がありました。







 中谷県連幹事長の新年会の挨拶時間が伸びてしまったので、お約束していた山本ひろし市議の会に間に合わず、秘書の代理になってしまいました。先生にはすぐにお詫びの電話をいれさせていただきましたが、移動距離の長い選挙区は、本当にこういう時間差選定が難しいものです。

 ここ数日、寝る前に、中曽根語録を読んでいます。近年、5年という長期にわたって総理総裁を勤めおおせた方は、中曽根先生と、小泉先生しかおられません。小泉先生の場合は、ナマ話を聞かせて頂く機会も結構あるので、感覚的に理解する部分もあるのですが、中曽根先生は、私にとって「メモ」の中の方です。

 大蔵省に入って主税局という、結構政治的に微妙なメモが回ってくる部局で、廊下トンビをしながら、いろいろ見てきましたが、中曽根総理のご指示を伝える、大蔵省から派遣されていた秘書官のメモは、尊敬にあふれていました。内容は、ご本人のセリフそのままとすれば、すさまじく整理されたロジスティックの持ち主であらせられます。

 さすが、海軍主計中尉!その中曽根哲学の真髄は、憲政の常道であり、徹底的な政党政治への信奉です。

 亡くなった福田赳夫元総理からもうかがったことがありますが、政党政治が崩壊し、軍部独裁となって日本が昭和20年を迎えたことは紛れもない事実であり、中曽根元総理が、改憲論者であっても、戦後民主主義の知恵として、政党政治は守るべき一定のルールとお考えなこと、改めて認識を新たにしました。

 離党する前に、野党が出した内閣不信任案に賛成したり、欠席によって賛成の結果を出させてしまうことは、憲政の常道に反する行為であり、そうなる前に、徹底的に党内で議論をつくせばいいのです。

 郵政民営化などは、党内で膨大な時間を費やして議論し、マニフェストにも入ったわけです。

 定額給付金は、党内のひらばの議論が少なすぎたので、不満が出てしまった。

 消費税をめぐる附則の問題は、議論の末、ある程度落ち着いたのではないでしょうか。


 1人1人の政治家は、独裁的な圧力に弱いものです。私は官僚として、そういう姿をたくさん見てきました。
 民主主義は多数決の論理です。明確な政策を掲げて、かなりの数がまとまらない限り、大事をなすことはできません。
 自民党は、日本人の常識、大事の前の些事こだわらず、小泉元総理の言葉です。

政党政治の意味

  政党政治の意味は、小選挙区になって大きく変わったのですが、分かって無い人たちがいます。自分の都合のいい時だけ自民党にすり寄り、世論が批判しているときには、一緒に批判する、。

 私は、当時の総裁、総理に呼ばれ、出馬を依頼され、受けたときから、一貫して自民党ですし、日本全国で、自民党がどんな逆風の時も、その政策を背負って、選挙演説してきました。今でも「自民党の景気対策は、あなたに具体的です」というビラを、自分の広報誌と一緒に毎日配っています。

 この3年半、つぶさに観察していて、自民党を標ぼうしながら、党の政策に無理解無関心な人が多すぎる!これではワイドショーのいいなりに流れてしまいます。それに加えて、一応は公人なのに、約束や前言を平然と翻すというのは、「うそつきはどろぼうのはじまり」、いやしい行為です。

 今日は、たくさんの会合で、その話をしましたし、街頭でもマイクで話し、非常に多くのご賛同を得ました。政治家の真髄は、街頭演説ですから、どんどんやりますよ!

浜名湖観光圏・柔道整復師会

 昨日、書ききれなかったことで、観光圏という、国の政策がありまして、環浜名湖として、是非もり上げていこうと、地元の観光協会の方々ともども、がんばっています。

 ホームページでの新年のごあいさつにも、書いたのですが、浜松エリアの魅力は、何と言っても浜名湖があること!

 こんな湖、日本中に、いえ世界中にありませんよ!

 そして浜松は音楽の町! 先日ヤマハの伊藤会長にもお話し、すっかり意気投合しましたが、湖上コンサート構想、それもジャズやポップスなど親しみやすいものを。ふつーのサラリーマンかと思いきや、夜はプロ並みのサックス奏者に変身、なんて方をたくさん知ってます。実はうちの秘書の1人も、そのくちで、、。

 「10年続ければ、世界的に定着する!そして、サミット誘致を!」

 暗い話題ばかりだからこそ。目標がなければ。

 永田会長率いる柔道整復師会の、新年賀詞交歓会で、ご挨拶。全日と、県の両方で、自民党公認候補として、推薦をいただくことが決まりました。お礼かたがた、みなさんに「参院選では、31都府県に、応援に行きましたが、どこでもかならず自民党一本ででてきてくださる団体の代表の1つが、みなさんです、重い責任を感じておりますので、今日はみなさんの富士山マークをつけてまいりました。」とパチリ!



 永田会長と私が、お揃いでつけているのが、そのバッチです。そのとなりが三ケ日農協のみかちゃんと、全国農協中央会のエミちゃん(私に似ていると、うちの後援会女性の間で人気!)、ようこそジャパンバッチです。
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ