24時間、あなたに語りかける 片山さつき 自民党 参議院議員

元富士ハウス社員の告発・明日の議連は1時半開始に変更!

元富士ハウス従業員の方からメールをいただきましたので転載します。
個人の特定を防ぐために、一部変更、削除させていただいております。

明日の議連は、1時半スタートに早まりました。ご地元議員へ、再度念押しお願いします。
---------------------------------------------
片山議員へ

初めてメールさせていただきます。

富士ハウス関連のブログ拝見しました。

私は富士ハウスが破産する※※前まで在職していました。会社の不正・社長の独裁政治・お客様や業者・社員をバカにした対応に我慢できなくなり、長年勤めた会社を退職しました。

中略

このような状況になっても社長や役員の会見もない会社ですので、いかに非常識な経営者かはお分かりいただけると思います。本当にひどい会社です。事実関係をはっきりと世間に説明し、社長自らそれなりの責任を取るべきだと私は考えています。お客様や業者など少しでも被害を減らしていきたいと思いますし、社長にも謝罪してもらいたいと思います。片山議員を全面的に支持しますので、頑張っていただきたいと思います。

会社内のことはほとんど把握していますが、以下は問題と思われる概要です。参考にしていただければと思います。

・かなりの粉飾がないと会社規模から考えてあれほどのお金を借りることはできません。
当然、粉飾、不正な会計処理はありました。もちろん意図的にやってます。
・経営悪化で倒産寸前でしたが、集金に関しては激しい指示を現場にしていました。
無茶苦茶な指示でした。工事状況など無視、とにかく集金可能な物件は全て実行しろという指示でした。請負契約書に記載されている集金方法とは異なる集金を行っていました。詐欺行為です。会社が倒産する寸前まで契約や集金活動をしていたのは非常識極まりないと思います。
・建設業法違反に当たる「建設地が決まっていない状態での契約・入金」を会社として推奨していました。いわゆる「土地なし契約」です。裁判・調停も何件かありますし、公的機関からも何度か指導されています。これはかなりの問題です。
・完成保障制度には加入していませんでしたが、一部報道にも誤りがあることも事実です。保障制度自体にも問題はあると思いますが、完成保障制度への登録業者申請は社長に却下されたことは事実です。
・会社が倒産したときのために、偽装離婚して奥様に多額の慰謝料を払っているのは事実です。しかし、とても仲良く暮らしています。また、自宅は超豪邸ですが、社長自身はほとんどお金を払っていないはずです。法的に問題ないのかは不明です。
・社長は独裁的な人物ですので、最終的には裸の王様になりました。意見をする人間には厳しい待遇が待っているため、周りにはイエスマンしかいません。
・社長は社員が経費を使うことには非常にうるさかったのですが、本人は会食やゴルフなどで平気で大金を使います。11/5の業者への未払い問題で風評被害が大きくなりましたが、その寸前までゴルフをして遊んでいました。

管財人の方はあまり積極的に不正を暴こうとする人物ではないと思います。ただ早く処理したいという意向のようです。しかし、被害の大きさ、破産後の経営者の対応を考えるとそのままでいいとは思えません。社長自身は莫大な資産を持っていますの
で、お客様や業者に私財提供すべきだと思います。このような事態が二度と起こらないように、安心して暮らせる世の中になることを強く希望します。

もし、富士ハウスに関することで知りたい情報があれば提供いたします。

寒暖の差が激しい季節ですが、お体に気を付けて頑張ってください。応援しています。



富士ハウス経営責任・かんぽの宿放漫経営に情報を!

 あちこちの企業や団体を訪問すると、私の富士ハウスに関する活動に、地元の方々は、とても好意的に助言をくださいます。

 いままでは、控えてきましたが、やはり経営者に関する様々なうわさがあり、取引のあった方々もおっしゃっているので、あくまでいわれている話として、例示いたします。

 偽装離婚していて、財産分与が済んでいる。
 10億円以上の社外流出がある。
 メインバンクが逃げだしたあと、救済に入った地銀が20億円つぎこんだら、そのまま倒産した。
 jかなりの粉飾があった。

これらのうわさが、相当広範に、本店所在地のあった浜松で流れています。これだけの被害が出ているのに、到底良心的とは言い難い、いままでの対応が、この噂の信憑性を高めています。人間として少しでも良心があるなら、全てを公開し、私財提供をすべきです。

 今日は、料飲観光関係の団体の会合があり、来賓挨拶しましたが、かんぽの宿について、やはり、相当ルーズな経営であることを示す具体的なお話を、かなりの方から伺いました。

 まず、職員給与、平均が650万円というのは、驚異的に高いですが、料理人さんや仲居さん的な立場の人も、およそ業界の常識とはかけはなれた行動のようです。

 これは、全国のかんぽの宿で言えることのようですので、是非みなさんが見聞きされたお話、教えてください。

 親方日の丸経営、天下り先確保の実態は、事実として積み上げることが肝心です。

 国営にもどし、利権をむさぼりたい勢力が、郵政民営化をつぶそうとしています。

 今みなさんが声をあげてくださらないと、社会保険庁も、もとの黙阿弥。天下り通達も、骨抜き、全ての元は同じ穴の狢です。

 富士ハウスつなぎ融資問題金融庁指摘!

 今朝の中日新聞にも記事が出ていますが、私の20日の予算委員会での質問で、以下のやりとりがありました。
 私「経営悪化を知りながら、つなぎ融資を設定したなら救済策が必要。悪質なケースがあれば、金融機関にも責任がある。」

 金融庁河野審議官「金融機関は、真摯に債務者との相談に応じることとし、私達も指導監督していきたい。」

 その後、経済部の良心的な記者さんたちに、この問題は、悪質性だけでなく、一生の夢マイホームを志す、すべてのご家庭に不安と不信を与えていることで、国民経済的にも非常にマイナスですよ、とことあるごとに働きかけてきました。

 昨日の金融庁長環の記者会見で、佐藤長官が質問に答えて「各金融機関がきちんとリスク管理を行い、日々の業務に関してコンプライアンスを保つことが重要だ。問題がある場合、まず取引関係にある当事者間で契約にのっとってきちんとした対応をするのが大事だ」と回答しています。

 27日の「危機と戦うセーフティーネット議連」でも、被害者の方2名のご質問にお答えするために、金融庁も呼んでいます。
 弁護団代表も、来られます。

 貧すれば鈍す、、。厳しい辛い時代。でも正義を通すために、頑張る若手中堅議員がいます。みなさんは1人じゃありません。

 静岡県外の被害者の方は、地元選出の自民党国会議員に、27日2時からの議連への参加を呼び掛けて下さい。

 多ければ多いほど、破産裁判や管財人へのプレッシャーになります。

 スポンサーさんともお話をする用意はありますが、一番有効な方法について、ちょっと仲間たちと相談してみます。またコメントください。

素敵な雄踏中学

朝いちばん、前回もご支援いただいた、大手企業協力会社3社(おのおの違う系列です)を訪問させていただきましたが。そのうちの1社は、全員でお出迎えくださいました。大感激でうるうる!

やはり、トヨタの奥田さんがおっしゃっているように、10年以上の耐用年数の耐久消費財買換えに、大胆な減税をしましょう!
前回の選挙の時は、ほうっておいても、ものはどんどん売れたので、今回の方が、本音の、とてもつっこんだ話しができて、ぐっと距離が近くなりました。

理容組合懇親会は、正式なご推薦状をいただいてからは初めての会合で、みなさんにとても温かく歓迎していただき、是非と言われて「誘われて浜松を歌いました、、。」記念写真たくさんとりましたので、このブログご覧の方、
良かったらおくってください。おしゃれな方が多くて、素敵です。

澤田真理子女史のコーディネートで、雄踏中学のママさんたちと、会合。1月14日の「元町役場庁舎に、ブラジル人学校と多文化共生施設」という記事で、ほとんの方は初めて知った話。

すでに、地域協議会等では説明されていますが、一般の方は、不安があり、私も市長や市の担当の方とお話し、今日は、どんなところが、不安なのか、ざっくばらんにお聞きし、しっかりテークノートいたしました!
 かえりに、実際に壊れかけた家屋の放置されているところや、地下道、懸案の交番(常勤配置)を見て写真撮影!
 その後、見事な建築の公立中学として有名な学校内を歩いていたら、藤田校長先生とばったり。

地元の名門のご出身である藤田校長から、風格のある校長室で、中学の歴史、雄踏町民が教育にかける想いを、じっくりお聞きしました。

雄踏も舞阪も篠原も、この辺は、1小学校1中学校で、みんなお互いに知っていて、とても連帯感が強いのです。毎年就学旅行で、小学校6年生にお会いしますが、元気がよくてかわいい!下校途中の中学2年生も、「あっ!さつきさんだ!修学旅行であった!お祭りであった!」と握手。

雄踏中学名物の猫ちゃんも見送ってくれて、なんか、毎日やる気がでるなあ。もうすでに動いていますがもっと動きますね。

かんぽの宿従業員の平均賃金600万円

 たったいま、テレビ静岡でもやっていますが、公社化後、売却されたかんぽの宿、一番望ましい買い手は、地元の自治体。いまは、購入できる自治体は、ぐっと減ってます。浜松は行革が徹底してますから、まず無理でしょう。今日の静岡新聞で、静岡の主要上場企業の業績の急激な悪化ぶりが出ています。主要企業の大半が手持ちの保養施設を売却してます。
 テレビで取り上げられた。大分のケースもそうですが、いまは、自治体は、この手の施設を買っても、民間に運営は委託します。その結果、60人いた平均年収600万円の準公務員の職員は、たった15人に。マネージャーは、天下りからバリバリの若手へ。

 いずれにしても、投入した2400億円には、到底足りません。豪華に作りすぎた、一時は景気対策として、建てることに意義があった。この辺は、サンライズやグリンピアと同じです。

 みんな黒字にできる、って、、。郵政が保有したままでですか?それは、経営陣に、ホテル旅館経営のプロがいて1施設、60人を15人まで減らしていいならね。西川郵政の最大の欠点として、期待されたほどリストラができていないことが、よく挙げられています。

 自民党の郵政見直し案では、コアビジネスをもっと拡大して、融資をみとめたり、預入限度額をあげたり、ということは、たとえ多少民業圧迫になっても、民間と調整しながらやる意義は、ある、とのスタンスですが、それ以外については、、。

 そもそも、なんでかんぽが何がなんでも旅館やらなきゃならないの?民間生命保険会社の保養施設とは、訳が違うでしょう、、。加入者以外の、誰でもはいれるんだから。他の番組がいってたように、郵政グループ内の天下り確保ですか、、。
 もう一度付帯決議をやりなおして、雇用維持義務をはずすことに、民主党国民新党が賛成したら、結構お笑いですね。

 国民の財産の売り方をいろいろ考えてきた、元大蔵省理財局国有財産企画官としては、そろそろ第3者委員会に任せたら、
どうかと思います。こぶし振り上げちゃったから、おろせないのかもしれないけれど、「一度も旅館経営したことのない方々同士が、テレビ中継で、しろうと経営談義やってどうするの?」と、私の支援者の旅館経営者はおっしゃってました。

 昨日今日と、街頭やミニ集会で、このお話をすると、8割方の頷きが、、。今日のお昼の会では、昔静岡県内で郵便局相手の営業をしてらした方が、きわめてリアルに、「局長さんのなかに、部屋で盆栽をいじっている人とかいろいろいらっしゃいましたね。民間の厳しい旅館業、、。とても無理だね。」

 国会議員は、年度末までに生じかねない40万人の派遣労働者の失業、さらには正規職員にも及びかねないこの激烈な危機との闘いを、最優先させるべき。

 今日の読売でも、「自民党若手・中堅のマグマ」一覧表に登場した、「危機と戦う!セーフテイネット議連」は、今週、本筋の問題を取り上げます、lそのなかに富士ハウスの弁護団・被害者のお話も。
 
記事検索
月別アーカイブ
@katayama_s
書籍
構造改革は終わらない
構造改革は終わらない
片山 さつき・池田 信夫(著)
(iPad対応電子書籍)\150(6月15日まで)/ 通常価格 \315(税込)

日本経済を衰退から救う真実の議論
日本経済を衰退から救う真実の議論
片山さつき (著)
¥ 1,575




  • ライブドアブログ