三遠南信について、浜松、豊橋、飯田の3市の市議団で、建設促進議員協議会が、発足し、ご祝辞とごあいさつを、させていただきました。

 2月4日の、予算委員会(テレビ中継あり)での、民主党野党側の質問について、触れました。このブログでもすでに書いたとおり、交通量の減少のみを機械的にあてはめた独自の費用便益分析試算によると、日本全国の国直轄国道の中で、56か所が、「費用が便益を上回りそうだから途中で停止すべきでは」という意見で、三遠南信も、その中に入っています。他にも55か所、全て明示されています。「政党政治です。政党として最も正式な政策意見表明の場である、国会中継で、そこまで言ったというのは問題。民主党や国民新党の党籍のある市議の方は、是非、地域からの声をしっかり党本部に投げてください。」

 終わった後の懇親会で、3つの議会の市議さんそれぞれから、「良い情報を教えてもらった。こういうことに、地方議会も反応しなければ」という」ご意見がたくさんありました。

 4日の議事録はすでにできているはずですし、民主の馬淵議員が配布した資料は、私の手元にもありますので、ご希望の議員さんにはお送りしようと思っています。

 富士ハウスについて、さっそくコメントありがとうございました。想像したより、悲惨な状況で、景気対策の一貫として、政策的な生活保護の対策を講じることはできないのかな、と議員の中で弁護士の仲間に意見を聞いています。弁護団との話し合いに出られたかた、その模様や感想を教えてください。