30日のニコニコ動画で、前回第二回に引き続き、「仕分け人を仕分けする」コメンテーターを務めることになりました!

23年度予算のシーリングが「売国的できの悪さ」で、目玉の「元気な日本特別枠」は、成長戦略の本来の意味とは程遠いものが多いことがわかりつつある今日この頃です。
 なーんて、私たちがこれを暴いているわけですが、一般会計の財源探しにはほとんどつながらないことを、よっぽどお暇な民主党議員さんたちが、日本の景気回復に少しでも資する対策を考えるべき役人を、しばりつけて、どうせできもしない、特別会計廃止を打ち出したりした一日目、のようであります。

 しかし、この内閣は、本当に、組織の体裁をなしていませんね。
 確かに労働保険特別会計は、昔から無駄な事業を探すときの格好のネタではあり、自民党時代にもかなり突っ込んで
私のしごと館とか、スパウザ小田原とかは、ほとんど廃止、売却になっています。

 笑えるのは、私が厚生労働省の担当主査であった昔、「特別会計だからいいじゃないですか」とブーたれる担当課長を押し切って、厳しい片山主査が「やらなくてもいい事業」を切ろうとすると、電話で圧力をかけてきたような議員たちが、いま政権内にいるということです。
イヤー楽しみですね、私の次の予算委員会質問!政治家はある程度一貫性がないとね。

ジョブカード、確かに履歴書と違わないかもしれませんが、菅総理が作った雇用300万人計画のなかで、ジョブカードの利用者を300万人にする、と決めたのはこの政権ですよ!。まさかどういうものか良く知らないで決定し、自慢げに国民に説明なさったって言うんじゃないでしょうね、、。言うかな、この人たちに限っては、、。

 米の備蓄をくそみそに言っていた枝野前幹事長、れんほう大臣も、笑えますね、今年米価を叩き壊したのはどこの政権じゃ!?
買い支えの仕組みなくして、どうやって米価を維持するつもりか?

一番初めに切るべきは、できもしない「農家の戸別所得保障」だろうが!!!あなた方の素人農政で、下がった米価を前提にすると、死ぬほどお金がかかるよ、そんなお金どこにあるんでしょうか?

あーあ、言えば言うほど腹が立つ!
第一弾,第二弾だって、かっこよく切った振りして、実質は復活、法人もほとんど廃止されず独立行政法人など、かえって増えている、、。片山虎之助議員の「独断」を待つまでもなく、特殊法人の労働組合など、利害関係者に選挙を支えてもらっている人たちに、できるわけないんですよ!
 「できないなら言うな」という古館キャスターの今日の番組での言葉、これに限っては正しい!
こうしている間にも、円高は定着し、株価は低迷し、年末には倒産もどかっと増えそうなのに、お坊ちゃんお嬢ちゃんの「仕分け遊び」に付き合うの、もうやめません?